• 一点一点手仕上げのクリーニング
  • クリーニングのしろや店頭イメージ
  • 丁寧な取り扱いのクリーニング店
  • しみ抜き・色かけの専門クリーニング店
  • クリーニングのしろや宇部市のクリーニング店イメージ
  • クリーニングのしろや宇部市のクリーニング店イメージ

古くなった血液のしみ抜き part 1

2018年2月16日

血液のしみ抜きをしました。
ちょっと古くなって、血中のタンパク質が固着しています。
実はこれくらい、漂白だけで落とせると思い、いきなりしみ抜きをしました。
下の写真は、しみ抜き後 タンパク質 が残ってしまったものです。
血液のしみ(際を描いています)

 

 

色素は大方取れているのですが、裏地も血中のタンパク質が固着して、生地が硬化しています。
血液のしみ裏地

 

 

そこで、酵素処理をします。
クイック酵素

 

 

クリーニング屋さんではお馴染み?のクイック酵素(松井化学さん)です。
粉末状の力価が高いものもあるのですが、粉末タイプは使用上粉を吸い込んだり(気をつければ大丈夫)と危険も伴うので、僕は液状のクイック酵素を愛用しています。
管理も大変なんですが・・・・。
酵素処理

 

 

これを水で適量に薄めたものを、際に沿って塗ります。
後は酵素が、タンパク質を分解するまで適温で処理しますが、分解は結構ゆっくりなんで、酵素が乾燥しないように一工夫して、分解されるのを待ちます。
時間がかかるので次回につづく・・・。